blog_img_2014

編集部ブログ 2014

2014年12月8日 - 編集部

2014. 12. 27
アパートメントの2014年

今年もあと数日となりました!

2014年のアパートメントmagazineでは、
17号 〜22号まで計6号を配刊アップロードしました。
そして、ことしはアパートメントmagazineとは別にも様々な企画を試行。
そんな三年目のアパートメントとしての5大ニュースを発表です!

5. Ustream番組の開設 (アパートメントChannel)
定期配信やトークライブなど生配信ならではの番組を配信。
トータル500 viewを超える企画もありました。

4. アパートメントでネットストアの開設 (アパートメントSTORE)
連載メンバーや、関係者の方の作品、グッズを紹介販売するサイトを開設!

3. AMP (アパートメントミーテイングプレイス)と
ACS (アパートメントクリエティブセッション)の開催

ポートフォリオレビューイベントの開催 <4月>と、ワークショップ<12月>の開催を主催しました。AMP に参加していた、いわいあやサンには21号のカバー作品を依頼したり、ACSの講師をお願いした森さんにはインタビューを伺っていたり今年だけでも様々な繋がりをつくれた企画でした。

2. 編集部のお引越し!
5月に編集部のお引っ越しをして、軽い撮影などもできるスペースも確保しました。
ここから毎回のUstの配信やWSの開催などもおこなったりと、いろんな事ができるようになった!

1. 20号を期に、デザイン/ロゴをリニューアル!!そして〜 apartmentweb.jp
創刊から使用していたデザインを一新して、リニューアル。
ロゴも新たにし様々な展開にむけて感性のたかいイメージをデザインしてもらいました。こちらも創刊からお世話になっている高見清史さんのデザイン。
そしてWEBサイトとしての充実をはかるため、オリジナルドメインに設定。
ようやく一歩前進というか、、スタートにたった感じの年です。

、、などなど、
オンラインマガジンという枠に留まらずにいろいろやってきた年でした。
もしよければ、あらためて気になる号を読み返して( 観かえして) みてください。
いつでも感想などをいただけると、つくってる方は意外と喜びます、、。

さて、
実は今年の年始のブログに遡ってみると、
5大目標なるものがあって、、、

1. 今年もアパートメントのイベントを開催する。
1. オンラインのストアを開設。
1. 海外のクリエーターにも参加してもらう。
1. タイアップ企画をつくる。
1. 編集部にスタッフを増やす…。

半分以上達成されない目標cでしたが、、
2015年もひきつづき継続です。
そして来年はあらたに

1. アパートメントの特別増刊誌 を発行したい!

これを追加しようと思っております。
なによりもっとたくさんの人に色んな作品、人を、観てもらえるようになれば良いなあと思います。

みなさまよい年をむかえましょう☆

 

 

2014. 12. 4
11月ダウンロードランキング 

先日、お世話になった国産スニーカーブランド「 SPINGLE 」サンの展示会に
伺ってきましたが、とても大盛況でした。
おもえば一年半ほど前に、急な事情で都合をつけて頂き、マネージャーの鎌倉さんにお話を訊いて以来アパートメントでも応援してきました。
最近では本当に様々な商品を製作しています。(広島カープとのコラボがかっこよかった!) そして、自分の周りにもファンが増えた事を実感するので、嬉しい限りです。

そしてどういう訳か、そんなSPINGLE-鎌倉さんのインタビュー 11号のDLアクセスが、ココ数ヶ月で圧倒的に伸びているのです。不思議。いや不思議じゃないのかもしれない。
展示会では以前よりさらに忙しくされながらも、いつも丁寧にご挨拶いただく鎌倉さんの活動の賜物だなと感じました。

「おしゃれは足元(靴)から」と、、実感です!

そんな 先月のDLランキングこちら

◎ 11/1 ~ 11/30  のアパートメントmagazine
DL数 アクセス ランキングです。

1- アパートメントvol.11  :26 pt
2- アパートメントvol.21   : 16 pt
3- アパートメントvol.22   : 10 pt
4- アパートメントvol.19    : 2.5 pt
5- アパートメントvol.13    : 2.0 pt

(*webalizer – apartmentweb.jp)
2015まであとすこし、
慌ただしくなってきましたが 編集部ではまだ
Ustream配信 や「盆栽もりさんとのワークショップ」 等
イベントもまだまだ。人手も足りないのでお手伝いも募集中です。
どうぞよろしくおねがいします!

(h)

 

 

2014. 12. 2
アパートメントvol.
22編集エピソード

編集部の下の坂路を降りるとすぐ目黒川がながれていて
川沿いには
「イケてる」お店が沢山立ち並んでるんですが、、
最近はこの季節どうやらイルミネーションを始めたようで、夜になると賑わってるようす。
そういえば、、Xmasイルミネーションやってる場所ってまた増えてきましたよね。

ところで、、、三ヶ月あけてすいません!( : _:))/
かなりブランクがあったので、その間のアパートメント編集部も色々な出来事あったのですが、報告もままならずです。おいおいお知らせします。

まず今回の22号!
我ながら素晴らしい内容の号になっています。
皆の結晶のような形になってるのではとおもっています。
カバー表紙も山崎さんにおねがいし、色々なカットを頂いた中から、試行錯誤して決めました。印象的な忘れられないイメージで評判も上々です。
今回の「さい子」というテーマは、本来は流れのなかで観て貰った方が分かりやすいんですが、一枚でも充分な力のある写真だとおもいました。
( 山崎雄策さんHP >> http://www.yusakuyamazaki.com/  )

そして今回インタビューレポの大串祥子さんは、以前からのお知り合いですが、
とても忙しい展示会期中のなかで、僅かな時間をぬって取材に応えてくれました。
しかも校正、加筆にも、惜しまずおつきあい頂き、、ヤバいくらいの感謝です。
今後、写真集をつくるひとや、海外で活動する人の為の的確なアドバイスにしびれます。 ぜひよんでほしい貴重なお話でした。

そして、フォトグラファー鈴木チョッコさんのスリランカ写真日記は、
取材直前に、強引にお願いして雑誌「Veggy」さんの同行のあいまに行なってきてもらったもの。これは大変だったとおもうけれど、今後ブーム?!となりそうな魅力的なスリランカを紹介できてよかったです!
しかも協力いただいた「Veggy」さんにも、お褒めの言葉を頂いて嬉しい限り。

連載作品では、今回 佐々木康晴くんとの「ひとえき。」の撮影に
同行し、神懸かり的な一枚!をネバリに粘って撮ってきています。
至高の一枚。このシリーズもいずれ展示などをして観てもらうといいなあと話しておりますので、楽しみにして下さい。

他のそれぞれの連載作品もながく続いてきているので、今後の行方も楽しみな所です。またよろしくお願いします!

 


 


2014. 10. 20

アパートメント編集部のあわただしさ、、次号配刊

次号アパートメントの配刊UP予定日を
今月前半にしていたのですが、、、ぶっちゃけ遅れてます。
今までにない度重なる予定と本業が重なってしまい、
只今編集部オーバーヒートであります。。
本当にすいません!( ヘルプがほしい…。 )

アパートメントは創刊以来
みなさんのお仕事や制作活動の傍らに
クリエーター他の皆さんに有志でやってもらっております。
そのためいろんな事情などでも (出張や急なお仕事など、、)
配刊スケジュールが変更することも多いですが、
納得いくものを毎号UPしたいと思っています。

次号アパートメント22号は
今月末〜来月アタマかならずやUP予定です!
表紙には写真新世紀2014で優秀賞だった
山崎雄策さんの未発表作品を掲載予定ですのでおたのしみに。
Ustream も好調配信中です!

定期配信 「大石蘭のはみだしホームルーム」 – ♫Rita-iota「はみだせホームルーム」
*オリジナルBGMを制作していただきました〜
http://www.ustream.tv/channel/apartment-ch

(編h)

 

 

2014. 10. 4
22号 配刊のおしらせ &
レポート

次号アパートメントの配刊UP予定日は
10/10 (金)となる予定です。

また9月24日におこなわれた 特別トークLIVE
「アートトークナイトvol.1」は地域型アートと写真のこれからについて
様々な意見を発信しあえる貴重な場になりました。
今後も機会をつくっていきたいなあと思います。
また違ったジャンルのトークLIVEも企画しますので、ぜひ相談ください!

Ustreamにて定期配信している、「大石蘭のはみだしホームルーム」も
バラエティ豊かなジャンルからたくさんのゲストに来て頂けてます。
今後もたのしいゲストを募集しておりますので、ご希望などあれば
ご相談くださいませ!

よろしくおねがいします!

◎9/1 〜9/30 までの DL ランキングの集計です。

1- アパートメントvol.21 (最新号):24 pt
2- アパートメントvol.17   : 20 pt
3- アパートメントvol.20  : 3.2 pt
4- アパートメントvol.19   : 2.6 pt
5- アパートメントvol.11    : 2.5 pt

(*webalizer – apartmentweb.jp)

 

2014.  8. 14
 
真夏の緊急レポート!!

今年の夏も例年になく暑いです。
実際、作業中は引きこもってるのでいいんですが
室外へでた時の寒暖の差に、心身ともにノックアウ寸前、、△◎#
そしてヒトがそんななら、
肝心なPCもうなりを揚げて、わんわん暑がる次第。
そろそろメンテにも出さないとおかしくなっちゃうな、、。

さてそんなアツい夏、銀座のはずれでは大変興味深い展示が。
オリエント工業といえば知る人ぞ知るアノ人形の世界的なメーカー。
レディ・ガガや名だたる美術家からもリスペクトされるラブドールの会社です。
そんな記念ともいえる展示「人造乙女博覧会Ⅳ」を
これまた感動的な企画展示で魅了しつづける、ヴァニラ画廊で開催中。
夏休みの特別企画といってもいいでしょう。
そんなヴァニラ画廊での展示を緊急レポート☆
撮影は禁止ですが特別に写真もとらせて戴いております!
そして今展示なにより「R-18」でございます。
、、ですが、「ガマンできねえっす!!」という青年諸氏はアパメン記事でガマンして、20オーバーしたらぜひこの美術品ともいえるドールを購入しましょう。

4回目になる今回は貴重な資料、映像、もちろんドールもそろって
そして展示に関わったスタッフの方からエピソードを盛りだくさん。
オリエント工業さんの熱意と美意識にもとづいた造形のエネルギーが
伺えたインタビューです。
他にもギャラリー運営のこぼれ話を色々、貴重な話なので必見です。

さて、先月はアパートメントの配刊がなかったので、
7/1 〜8/14 までの DL ランキングの集計です。

1- アパートメントvol.20 (最新号) :17.7 pt
2- アパートメントvol.19  : 17.3 pt
3- アパートメントvol.13  : 16.6 pt
4- アパートメントvol.17  : 11.9 pt
5- アパートメントvol.11  : 11.6 pt

(*webalizer – apartmentweb.jp)

次号 アパートメント21号、鋭意編集中です。
表紙は夏らしい独特の色あいで少女のイラストを
いわいあやサンに描いてもらっています。
コチラも表裏のセレクトに混迷中、、。
ああ、最後の最後まで悩みつつ…。
すべて観てもらえると嬉しいかぎりです。よろしくどうぞ。

(h)

 

2014.  7. 8
 
2014年 後半へ突入

あー…さて、新しい編集部も落ちついて
切りのいい20号を無事迎えましたアパートメント。
2014年後半に向かって、もう少し新たな試みを考えてます。

ひとつは、以前からずっーと構想をしすぎて半分乾燥しかけている企画、動画コンテンツでの番組配信。
もうひとつは、メンバーや協力して貰った人達のオリジナルの作品やモノを販売できるオンラインストアの場です。

この新学期早々の夏休みの宿題のような大きな課題を 早速今月からぼちぼちスタートしていきたいなと思っております。

「アパートメント」はウェブマガジンという形で始まったわけですが、当初からモノづくりをするための自由な繋がりの場としていきたいなと思ってました。やっとこさアパートメントの中で、<マガジン><動画><ストア>そして<イベント>など大きくしなやかな環境が見えてきたなあ〜と。

まだまだやるべき事は多いですけど、これからも創るためへのアウトプットをつくりたいとおもいますー。そしてこの先、大きな集大成ができたら凄いなあ〜、、と最近よく話しております。

応援宜しくどうぞー
Ustream 番組のスタートは7/9 からです。
アパートメントChannel として、これから配信番組を定期的に増やして(?!)いきたい!ぜひ『登録』を。
また、、出演したいー!とか番組をしたいー!という方もぜひ待ってます。

 

 

2014.  5. 19
2周年 20号  引越し、そして。

いろんなところでおしらせしてますが、
今回アパートメントの編集部をおひっこししました。
代官山駅からほど近い分りやすい場所なので、
皆さんにも遊びに来ていただきたいとおもっております。

編集部といっても個人レベルで粛々とやっているので、
いままでとそう変らないんですが、
撮影できるちょっとしたスペースやインタビュー等も
今後はゆっくりできるなあと思っています。
あとは以前から考えていた
動画配信も近日中にスタートできるかなと。

20号にあわせて色々と新しく動いておりますが、
引越しのどたばたで次号はいつもより少し遅れてUPの予定です。
NEWロゴのデザインも高見さんがベルリンから粘りまくって考えてくれている、、感涙。そして楽しみ!
そして新企画、新連載もそろそろ発表しようかなあとソワソワ、、。

そんな、はやる気持ちを前にアパートメント編集部で
創刊2周年のおつかれ!感謝!よろしく!パーティを開催予定です。
皆さん、おまちしています!
記念Tシャツも買っちゃって、ぜひどうぞw◎

アパートメント2周年&編集部ひっこしPARTY
日程 :5/30(金)  19:00〜
原宿 Cafe Luckand
詳細 >> https://www.facebook.com/events/1377963252491881/

 

♠ 2014.  4. 7
2周年をむかえて。

2012年4月にこのオンラインマガジンを創刊し、
それこそ華々しいデビューでもなんでもなく
アシスタントがおこなっていた日記的なウェブマガの
イイとこ取りだけして面白くやっていけたらいいな、、
なんていうノリではじめたもんで。

作品を提供してくれる人も、
対談に応じてくれる人も、
もちろん編集してる側もいまよりもゆるかったのですが
いろいろ「素」の状態で伝えられていた場所だった気がします。
そういう雰囲気はいまも大事にしようと、初心忘るべからずなのです。

振り返ってみると本当に沢山のいろんな人達とつながって、
いろんなジャンルの作品に触れてきた。
ある意味2年つづけてきた大きな財産だなあと実感。
創刊当初そんな広がりとつながりが残ると想像していただろうか?
本人も何も残るなんて考えてなかった。

最初のころはなぜこんな無益で厄介なことをと後悔しつつ、、
自分の不甲斐なさにも痛感させられることもしばしば… 。

けれどそれなんかも総て、
この2年間 続けてようと思えたのは、
連載のみんなや、インタビューで伺ったゲストの方々、
いろんな形で協力を惜しまず助けてくれた編集のスタッフ、
そしてどんな形であれ目を向けてくれている皆のあつい眼差しを
底はかとなく感じるようになったからなのです。

そして最近、そのことを感じれば感じるほど、
「アパートメント」magazine は、
平野 倫 自身による編集ディレクションではなく、
沢山の色が混ざっていって彩度を増すような4次元メディアになればなあとつとに思います。そしてそれを理想にも掲げて行きたいなあと。

そんでもって、だから編集代表の代理さがしてます、、。
だれかやって!  逃げるわけじゃないです.. よろしく 笑

さて、
最新 19号配刊 へ向かって目下編集作業中です。
20号リニューアル直前ということもあって、すこしバタバタと。

対談インタビューには雑誌 Spoon.等でエッセイやイラストをかきながら東京大学大学院生として活動する 大石  蘭 さん。
以前から好きな原宿の街を歩きながら、フォトスナップ取材。そしてラストは、初の4x5フィルムでのゲリラポートレートも決行!!
そして、そんな大石さんとも縁のあるイラストレーターの 大山 美鈴さんが、今回の表紙を描きおろしてくれています☆ 傑作の予感。

連載作品 ひっくるめて、次号は見逃せません。永久セーブで保存して!
vol.19 号 4月中旬 配刊予定です。 どうぞおたのしみに。

(h )

 

♠ 2014. 3 .21
書いておきたかった理由。

以前にも編集後記でかいたけれど、
今月いっぱいで森田和義アワ〜 いいともが終了する。
そんななか昨日のうきうきウォッチングには、
予想もつかなかったゲストの登場、オザケンこと小沢健二の出演。
あまりのTV出演へのブランクとタモリとの共演という事で、
観てるものを落ちつかせない雰囲気をバンバン放っていた気がする。

けれど、そんな状況で繰り広げられていた
タモさんとオザケンのふたりの間は
すごく揺るぎなく時間を忘れるように、穏やかにすすんでいた気がする。

自分がしてきた事をゆっくり聴かせるように歌うオザケンと、
穏やかに笑みを浮かべながら耳をかすタモさん。

昔、まだTVにオザケンがよく出ていた頃、
インタビューでよく無言になることがあったのだが、
その度に「  時間を下さい、自分の言葉に責任をもちたいので… 」
といってフレーズで沈黙していたことが今も思い出される。

僕はそんなパーソナルな「間」のやり取りが、
本来の人それぞれがもつ本質なんではないかと思っている。
「アパートメント」もそういうことを見つめていければと、
あらためて思うよい日だった。

( h)

♠ 2014. 3 .12
18号 配刊しました。

3/12 号 18号配刊しました。
今回のゲストインタビューは大宮盆栽美術館などにも務め、
海外への技術指導もおこなう盆栽職人の森隆宏さん。
日本が誇る貴重な伝統文化ですが、
そのマーケットの展望や人材育成の面などでは今後の問題も多いと、
複雑な事情もふまえながら色々話していただきました。

どうアピールしてゆくか?どう継承してゆくか?
盆栽だけではないテーマでもあるなあと思いながら、
まだまだ決まったイメージで観られがちな盆栽を真摯と向き合う若旦那!
という雰囲気の森さんです。

また、今号の連載作品は、
それぞれの持ち味が判りやすい号だなあと思います。
クリエーター自身の個性も観てもらいながら、
できれば感想やコメントを寄せてもらえれば、
今後の励みと課題にもなるとおもいますので宜しくどうぞ。

そして、来月からアパートメントは三年目に突入です。
デザインのリニューアルも予定しつつ、新しい連載作品、
そして、イベントなどリアルな場所でのコミュニケーションの機会も
増やしていこうと計画中です!

かわらずの応援よろしくお願いします=。

( h)


♠ 2014. 2 .2

17号のおしらせです

「アパートメント」vol.17 号の発刊は、
2月3日 (月) の予定です。
(現時点でまだぜんぜん編集終わってないですけど….)
そう、節分の日です。
冬の締くくりにふさわしい、、
熱量あげあげの作品で春を待とうと思います。

今回、表紙を担当してくれたのは、
昨年のイベントの時に、
按田優子さんの企画でもMENUデザインを
考えてくれた アートディレクターの新津美香さん。
選ぶのに困るほど、色々なラフ提案をしてくれて、
ああだこうだ考えた末、、
旬な今の時期にあわせ・・テーマはずばり「  豆!!」
そして、そんな渋く格好いいビジュアルを
さりげなく撮ってくれた
フォトグラファーの松田祥子さん。
いい出来です。素晴らしいビジュアルが完成。
表裏でちゃんと「組」になってますので、スルーしないよう願います。

ゲストインタビューには国外からの評価も高い、
建築家でプロダクトデザイナーの 板坂 諭さん。
今春にはインテリア作品でミラノサローネ(国際家具見本市)
参加予定も決定ということで、そのエピソードと秘話を。
(ミラノいきたいー)
個人で世界へ発信する、みえない努力や苦労、
そして建築家としてのこれからの理想も語ってもらっています。

ぜひちょこっと空いたお時間に、、。
ご意見、ご感想もぜひおまちしております。

( h)

– NEWS –
オフィシャルHPに 募集ページを、つくりました。
スタッフや新しい企画募集の告知を
更新してゆきます。興味のある方は覗いてみてください。

アパートメント編集部

 

 

♠ 2014. 1 .6
新年の抱負です

ここ数年の正月の行動は大抵決まっていて、
大晦日に実家へ帰省し、
だらだら年賀状を書きながら生蕎麦を少し茹で、除夜の鐘をやり過ごす。
遊びにくる子供たちへおとし玉をどう渡そうか試行錯誤するのを楽しみながら、
読めていなかった本を2、3冊ダラダラとよみ耽る。気が向いたら映画をみる。

そんな他愛もなさそうな数日間。
毎年このゆるっとしたリセット方法が何気なく理想的になりつつあって、
なんとなく「寝る」事にも近いような一年のリフレッシュ方法なので続けてる。

そんな呑気な正月のなかでしたが、
今年はアパートメント3年目の事を考えたりもしました。
一年の計は元旦に…。
いわずもがな、今年の抱負です。
編集部としての 5大目標をたててみました、、、

1. 今年もアパートメントのイベントを開催する。
1. オンラインのストアを開設。
1. 海外のクリエーターにも参加してもらう。
1. タイアップ企画をつくる。
1. 編集部にスタッフを増やす…。

いずれも背伸びをしない範囲に、
実現可能そうな目標にしました。
最後の編集部スタッフについては、切実な願いであります、、。

地道に増えて来たサイトアクセスや色んな方達との繋がりが、
実を結ぶ三年目になるといいなと思ってます。
作品をつくる事、伝えることが第一だけど、
無理なく色々とできてゆければ今年も良いなと思います。

ことしも応援してくださいませ!

(編h)

 

 

LINEで送る

› tags: ブログ /